宅飲みで盛り上がる世界のおすすめボードゲーム!大学生ならみんなでワイワイ楽しもう!

遊び・趣味
スポンサーリンク

カタンの開拓者

カタン スタンダード版

楽天で購入

 

 

 

1995年にドイツ年間ゲーム大賞で1位を取り、世界中で楽しまれているボードゲームです。
今では、基本のセットに加えて、「航海者版」「都市と騎士版」「商人と蛮族版」など多くのシリーズが出ています。

〈遊び方〉
「カタンの開拓者たち」は、サイコロを使用して様々な資源を獲得し、新しい土地を奪い合うボードゲームとなっています。
〈所要時間〉60〜90分
〈人数〉3〜4人 ※2人用特別ルールあり、5〜6人は拡張セットが必要
〈ルール難易度〉★★☆☆☆

カタンでは、戦術交渉力が試され、簡単なルールで頭を使うゲームとなっています。
資源を得るために他プレイヤーと交渉を要する場面があるので、会話も弾みかなり盛り上がるのではないでしょうか。

スティッキー

 

 

2000年にドイツで発売されたゲームです。
3色の異なった太さの木の棒を輪っかに通し、全体が安定するように立てます。そこから崩れないように木の棒を引き抜いていくゲームです。

〈遊び方〉
スティックの束が倒れないように1本ずつスティックを抜き取っていくという超簡単なゲームです。
太さの違う3色のスティックがあり、色によって得点が異なってきます。サイコロで抜き取る色が決まります。
そして、最終的に得点の高い人が勝利となります。
〈所要時間〉約15分
〈人数〉1〜4人
〈ルール難易度〉★☆☆☆☆

ルールがとてもシンプルかつ簡単なので子供から大人まで楽しむことができます。
どのスティックを引き抜けばいいのか、よく観察して、引き抜く瞬間の緊張感を楽しむことができます。

おばけキャッチ(ゴーストブリッツ)

おばけキャッチ

楽天で購入

 

 

 

〈遊び方〉
白いおばけ、青い本、赤い椅子、灰色のネズミ、緑色の瓶の5つのコマがあります。
カードに写っているモノで正しい色のモノがある場合は、そのコマをつかみます。
逆に、正しい色のモノがない場合は、色も種類も写ってないコマをつかみます。
〈所要時間〉約20〜30分
〈人数〉2〜8人
〈ルール難易度〉★★★☆☆

かわいいイラストのコマを使って簡単に遊べるので、子供から大人まで全ての人が楽しめます。
また、カードを見て瞬時に判断するので、カルタのような楽しみがあります。

デジャブ

 

 

カードに描かれてるデザインが2回出て来た時にカードを手に取る記憶ゲームです。

〈遊び方〉
山札にあるカードにはアイテムが描かれてます。
カードをめくる度に描かれているアイテムを記憶します。
山札からめくられたカードに描かれているアイテムが二度目に登場した時に、それと同じアイテムのタイルをとるメモリゲームです。
〈所要時間〉15分程度
〈人数〉2〜6人以上
〈ルール難易度〉★★★☆☆

ルールとしては単純ですが記憶するアイテムの量が多く、場の雰囲気が静かになります。
かなり頭を使うゲームなので癖になる人も多いようです。
何度もプレイすることで記憶が混同し、難易度が上がっていきます。

いそいでさがそう

 

 

〈遊び方〉
4つのサイコロを同時に振り、出た目のシルエットと同じシルエットが描かれたタイルを素早く取るカルタのようなゲームです。
サイコロの目にはシルエットの他にも「触ってはいけない」「該当無し」といった特殊な効果を持つ目もあります。
〈所要時間〉5〜10分
〈人数〉2〜4人
〈ルール難易度〉★☆☆☆☆

出た目のサイコロを素早く認識してカードを取るといったカルタのような要素があるため誰でも熱中して遊べるゲームです。
一回のゲームの長さも短く、ルールも簡単なので手頃に遊ぶことができます。

ザ・マインド

Ms.0 ザマインド

楽天で購入

 

 

 

2018年にドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされています。
ボードゲームの作品の中でも有名なゲームです。

〈遊び方〉
1〜100までのカードを小さい数字の順に出していく協力ゲームです。
配布されるカードの枚数はゲーム毎に決めれます。
このゲームの最大の特徴は、会話禁止、コミュニケーション禁止でプレイヤー同士の心理を読み合いゲームを進行していくという点です。
〈所要時間〉20分程度
〈人数〉2〜4人以上
〈ルール難易度〉★★★☆☆

単純で簡単なルールですが駆け引きなどが交わってため大変面白いゲームです。
大人数でプレイするほど駆け引きが複雑になっていき、大勢でも楽しむことができます。

スピードカップス

 

なんと、日本でも日本ボードゲーム大賞ゆうもあ賞を受賞しており、知っている人もいるのではないでしょうか。

〈遊び方〉
各プレイヤーの目の前に5色のカップを配置します。
山札からカードをめくり、カードに書かれた色順通りに色のついたカップを積み重ねます。
完成した人が中央に置いたベルを鳴らし、最も早かった人がポイントを得ることができます。
〈所要時間〉約15分
〈人数〉2〜4人(拡張セットがあれば6人まで可能)
〈ルール難易度〉★★☆☆☆

カードを見てカップを早く正しく積み重ねなければならないのでドタバタしてしまいます。ベルを鳴らすまでポイントにならないので焦っちゃいます。
スピード感のあるゲームなのですぐに熱中して遊んでしまいます。

まとめ

今回、紹介したボードゲーム子供でも理解することができる簡単なルールのものばかりなので、子供から大人まで楽しむことができます。
トランプやUNOなど定番のカードゲーム以外で遊んでみるととても楽しいです。
瞬間的な判断力や記憶力を使ったりと自然と遊びながら頭を使うことで脳を柔らかくすることもできます。
また、自宅や旅行先で必ず盛り上がることができるので多くの人と遊んで色んなボードゲームを楽しむといいでしょう。
是非、友達や家族とたくさん遊んでみてください。

 

コメント

  1. […] 【初心者向け】おばあちゃんでもできる簡単なおすすめのボードゲーム7選を紹介!子供から大人まで盛り上がることができる! […]

タイトルとURLをコピーしました