引っ越しの値段交渉は罠だった?大学生が引っ越しする時に絶対にやった方がいいこと!

暮らし
スポンサーリンク

こんにちは!

大学生から一人暮らしを始めて何年間住んでみると、想像していた生活とは違ったり、周囲によるトラブルで引っ越したいと思ったことはありませんか。

この記事では、「私が実際に引っ越した際、大学生だったから苦労したこと」について紹介します。

大学入学前の部屋探し

大学入学前は、入学手続きや引越し作業などで忙しないです。

初めての部屋探しは、どんな物件を選んでいいのかわかりません。

最初は自分にとっての理想の部屋にしたいですが、経済的な理由や両親に決められているなど様々な理由で自分の希望通りにはいきません。

必ず何かしら妥協する点はあると思います。

さらに、入学前から大学生活をどのように過ごすのかイメージできることはずがないので、実際に住んでみないと自分のライフスタイルに合っているかなんてわかりません。

私は、友達を部屋に呼んで遊んだりしたかったので、部屋が広い所がいいなと思っていました(笑)

部屋探しの失敗談

私が住んでいた部屋はバス停が目の前にあり、広い間取りでした。

駅からは少し遠かったですが、バス停が近く、1人暮らしにしては広い部屋に住んでいたので快適な暮らしを想像していました。

不便じゃなさそうだし、キャンパスライフを楽しむぞ!と思っていました。

しかし‥‥

私はかなりの不便を強いられました。

問題は車をもっていない一人暮らしならではの盲点でした。

その問題は、バスの運行状況でした。

実は、私が乗車するバス停は大学や高校に通う学生が多く利用する便の通過点であったため、朝から夕方の時間はほとんど時間通りに来ることがなかったです。

しかも、私が大学に通学する時間帯に乗ろうとすると駅から乗って来ている学生が多く、乗車拒否されることもありました。

そうなると、時間通りに準備して家を出ているのに、授業に遅れてしてしまい「遅刻扱い」にされたり、アルバイトに遅れてしまうこともありました。

また、大学生は授業後にアルバイトをするので、飲食店など店が終わり帰る時間は0時過ぎることもあります。

バスは23時代が最終便であることが多く、深夜の運行がなければ歩きかタクシーで帰らなければなりませんでした。

その結果、バスにより困ることが多かったため、駅に近い場所に引っ越すことを決意しました。

引越しの苦労・注意点

引越しを決めたものの、引っ越すために準備をすることがかなり大変でした。

苦労したことは主に3あります。

⒈時期によっては空いている部屋がない

まずは、新しい部屋を探そう!と思いましたが、良い条件の空き部屋が少なく、求めている条件の部屋を探しても見つかりませんでした。

そこで、不動産に部屋が空きやすいシーズンを聞くと、12月〜17月〜8が引越しをする人が多く、入居可能な部屋が増えるということを聞きました。

これ以外の時期で探しても、学生が住めるような条件の部屋はなかなか見つからないので、目安の時期を決めて引越し作業に取り組むといいでしょう。

⒉引越し費用は高い

私が最も大変だと感じたのは、引越し費用が高かったことでした。

引越しをする際、敷金、礼金、初期費用、不動産仲介料、火災保険、引越し業者への委託料など、とにかくお金がかかります。

私は、引越しで総額40万円近くかかりました…(泣)

それまでにアルバイトでたくさん働いていたのでなんとか払えましたが、学生からすると高すぎます!

また、引越し業者も何社も見積もりを比較したほうがいいです!

注意:大手の引越し業者は異常に高い金額を提示し、値段交渉をしてきます。

しかも、他社と比べると言うと、納得がいくまで居座って交渉してきたのでハッキリ発言し、強気で構えたほうがいいです。

大学生相手だったので、態度も悪くカモにしているような感じがして印象が悪かったです。

私は、地域密着が町の引越し業者に決めましたが、とても安く、家具も傷つけられなかったです。

ベッドの設置や冷蔵庫の設置もご好意でしていただいたので感謝しかないです。

地域や引っ越す距離によって金額は、変わるので一概にこの業者が良いとは言えないので、比較することが重要なのです。

⒊入居後の手続きが面倒だ

引越し作業が完了し、ようやくひと段落つくかなと思っていました。

しかし、まだやることが残っています。

ポストの変更や免許証の変更などなど、そこで住むための準備をしなければなりません。

ガス会社や電気会社、テレビやWi-Fiの設置など生活環境を整えることも早急にしなければならなかったのでかなり大変でした。

まとめ

学校の授業やアルバイトも並行して行わなければならなかったので、1日にやることが多くて毎日大変でした。

それでも、以前よりも住みやすく自分のライフスタイルに合っているので引越して良かったと思えるのですが、始めから引っ越す必要がない所に住めば、余計に出費しなくてよかったと思っています。

入学前に友達が来てもいいようにと思っていましたが、家で飲み会や遊びに来ることは頻繁にはありませんでした。

遊ぶときは、外食やどこかドライブなどアクティブに動くことの方が多いです。

1人でゲームをしたい人にとっても広い部屋である必要はないので部屋よりも周辺環境を整えましょう。

学生の1人暮らしで、最も重要なのは交通の便と周辺にコンビニや郵便局、スーパーなどが揃っているかを最も重要視した方が住んでみた結果、良かったと思うことが多かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました