まだ間に合う!独学で始めて1週間でFP3級を合格する勉強方法を紹介!

暮らし
スポンサーリンク

 

FP3級は比較的簡単な資格で、少ない時間で取得することが可能です。

1ヶ月前から毎日、30分〜1時間の勉強時間をとり、コツコツ継続すれば合格は十分にできます。

しかし、試験直前まで勉強せず、焦っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では「1週間で合格できる勉強方法」をお教えします!

実際に私は、この方法で合格することができました!

ですが、合格を目的とした勉強方法なので理解を深めたい方にはおすすめしません

FP試験の他におすすめの資格を紹介しているので興味のある方はご覧ください。

就活の武器になる文系大学生がとるべき資格!難易度や合格するまでの学習期間の目安について具体的に解説!

それでは、紹介していきます。

1.参考書の太字だけをチェック

まず、FPとは何を学ぶのか理解し把握する必要があります。

まずは、参考書に一通り目を通して、なんとなくでいいので“こんなことを勉強するのか”と掴むことが重要です。

興味のある分野があっても流し読みしてください。じっくり勉強する時間はありません。

出題範囲がわかりやすく記載されているおすすめの教材を紹介しておきます。
私はこの参考書のみで合格しました。

 

 

2.YouTube

全体的な内容を把握したら、YouTubeで「FP3級 講座」で調べます。
YouTubeには、解説動画覚えやすい語呂合わせなど理解を深めるために活用できます。

私のおすすめは「おーちゃん【1級FP技能士】TV」さんです。

とても面白くわかりやすい解説をしているので楽しく勉強することができます。

動画時間も短く分野ごとに解説しているので飽きることなく見れます!

他にも、ラジオ形式で発信している動画もあるので作業しながら勉強することができるのです。

3級の出題範囲などを詳しく解説しているので的を絞って勉強することができます。
開設されている重要箇所や出題箇所を徹底的に勉強すれば合格が可能になります。

YouTubeを活用して勉強するのは独学でするには必須と言えるでしょう。

3.再び参考書をチェック

YouTubeで出題範囲の高い箇所や対策法を確認した上で、もう一度参考書に目を通すとすぐに知識が頭に入りやすくなっています。

重要なところのみを重点的に抑えていけばそれ以上の対策は必要ないです。

この時点で曖昧な部分など明確にしておかなければなりません

理解できない分野はYouTubeで改めて解説動画を確認して徹底的に理解しましょう!

4.過去問を解こう

最後に過去問を1年分は必ず解きましょう

どのような形式で出題されるのか問題を解く時間配分の容量など実践と同じように感覚で過去問に取り組みましょう。

過去問を解かずに受験してしまうと、十分に勉強していってもいつも通りの状態で受けることができません
受験する上で問題を知るということは、重要です。

まだ、全ての工程が終わっていなくても先に過去問を解きましょう。

おすすめの参考書を紹介しておきます!
問題集のレベルを解けるようになってれいれば合格できます。

 

 

最後に

1週間で合格する方法を紹介しましたが、最後に受験本番で注意すべきことを紹介します。

FP試験はマーク形式であり、3級は3択問題なので3分の1の確率で正答します。
分からなければ、当て勘で解いても正解する可能性があるのです。

そのため、言葉を一語一句覚えなくてもいいのです。

逆を言えば、正解させないために引っ掛け問題が多く出題されています。
曖昧な箇所を明確に理解しておくだけ十分な対策になるのです。

受験本番は油断せず、何度も見直しをしましょう。余計なミスをしてしまうのが1番勿体ないです。

本番まで勉強できる時間が少なくても、諦めずに合格を目指して頑張ってください!

コメント

  1. […] まだ間に合う!1週間でFP3級を独学で合格する勉強方法を紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました