【メンズ】1万円代から買えるおしゃれでコスパ最強の革靴ブランドを紹介!SNSで注目されているブランドとは。

遊び・趣味
スポンサーリンク

近年、若い人の中で革靴を日頃からオシャレに履いている人が増えています。

オシャレなメンズの革靴を買おうと思い、モデルやインフルエンサーがおすすめしているのはどれもハイブランドの革靴ばかり。

そんな高い物なんて買えないなんてことはありませんか。

ハイブランドの革靴は18万円〜10万円以上と高価な物でなかなか手が出しづらいですよね。

そこで、この記事では「本革のお手頃オシャレ革靴」を紹介します。

質感が良く、オシャレに履くことができる手頃な価格の革靴をお探しの人必見です。

Dr.Martin

ドイツの工場などで働いている人向けに生まれた革靴で丈夫かつデザイン性に優れており、多くの人に愛されているブランドです。

オシャレ革靴の代表格と言えるDr.Martinですが様々なシーンで履かれています。

丸みの帯びた可愛らしい形は革靴のカチッと感を崩して、幅広い服装にも合わせやすいです。

厚底で定番ソールは2.5cm厚底なら3.54.5cmと身長も盛れるんです!

型の種類やカラーの種類も豊富で自分の好みの革靴を探すことができます。

大きな特徴として、エアクッションソールを採用しており、履いているときの快適さ歩きやすさ重視した設計になっています。

さらに、耐久性にも優れており、長く履くことが可能です。

 

 

Endevice

 

 

Endeviceは日本のシューズブランドです。

国内ブランドであり、安心感のあるブランドです。

牛革を使用しており、光沢のある革靴ですが、15000円程度で買うことができるなんてコスパ最強すぎます。

Endeviceのコンセプトは重厚でクールな質感、シャープなフォルムとした革靴としており、モード系のコーディネートに合わせやすいです。

ZOZOTOWNで販売されており、価格も革靴の中でもかなりお得です。

SONSHINBAL

SONSHINBALは韓国語で「手作りの靴」という意味をもつ、オーダメイドのシューズブランドです。

自営の工場を持ち、デザインや品質管理までこだわることで、高品質の革靴を提供しています。

足幅や足甲、ヒールの高さをカスタマイズすることが可能で、自分好みの革靴を頼むことができるのです。

100%牛革を使用しており、光沢があり高級感があります。

型は全部で15種類あり、定番の型から個性的な型が揃っているので、好みの型を見つけれるかも。

公式オンラインストアで30000円〜40000程で買うことができます。

オンラインショップのサイトは日本語対応しているので簡単に買い求めることができます。

HUMANT

HUMANTは革靴をメインに出している韓国のシューズブランドです。

メンズ向けのシューズブランドとして作られたのでシンプルでありながら、デザインに凝った靴が特徴です。

カラーが豊富かつ色味が明るく、光沢感もあります。

ヒールの高さは標準4.5cmと、身長を高く見せることもできますよ。

また、オーダーメイドであり、カスタマイズも可能なため、自分にあった靴を買うことができます。

メンズの革靴の中でも20000円〜30000円程で買えるのでお得ですね。

公式のオンラインショップは日本語対応されています。

カラーが豊富で色味が明るく、光沢感もあります。

ヒールの高さは標準4.5cmと高く身長をも折ることもできますよ。

SO.U:LESURES

SO.U:LESURES HUMANTのセカンドブランドとして誕生しました。

HUMANTよりもスポーティでストリートのスタイルに似合うようなデザインが多いブランドです。

カラーはモノトーンがほとんどですが、個性的なデザインが多く、他ではないようなデザインを履いてみたい人に打って付けです。

珍しいデザインが多いので値段も30000円〜と値段が少し高くなります。

こちらも公式オンラインストアが日本語対応しているので見やすいです。

まとめ

ここまで「コスパ最強のオシャレ革靴」を紹介してきました。

Dr.Martin
Endevice
SONSHINBAL
HUMANT
SO.U:LESURES

自分のお気に入りの革靴と出会って、おしゃれを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました