【危険】大学生を狙うマルチ商法とは?巧みな勧誘手口で大学生を騙している方法を暴露!

暮らし
スポンサーリンク

 

一般的にマルチ商法と聞くと大変悪いイメージを持ちますが、今でもマルチ商法が大学生や社会人の中で流行っているのでしょうか。危険だと知っていながらマルチ商法の手に引っ掛かってしまう人が多くいます。

何故、マルチ会員に入会してしまうのでしょうか。

それは、何が危険であるか知らないのです。
そこを上手く勧誘してくるマルチ会員には関心してしまいます。

私が実際に受けてきた勧誘やマルチ会員の方がどのように勧誘しているのか聞いてみました。

今回、紹介するような状況やフレーズを覚えておけば自分が勧誘されている判断の一つになるでしょう。

この記事では、決してネットワークビジネスを否定しているのではありません

では、どのように勧誘してくるのか手口を公開します!!

勧誘方法は主に2種類に分けられます。
InstagramやTwitterなどSNSで勧誘している場合と身近な友達や先輩が勧誘してくる場合があります。

ネットワークビジネスをやっている人は友人関係から始めている人が多かったです。

今回は身の回りの人から声をかけられる場合について解説します。

①電話で勧誘してくる

LINEやメールのメッセージではなく、電話でかかってくることがほとんどです。

・今の現状に満足しているか?将来何したいか?
急に将来の話をしてきます。初めは急にどうした?!と思います
正直、電話でこのようなことを言われるので怖いです。

・すぐ会おうとしてくる
できるだけすぐ会おうとしてきます。
2〜3時間空けてカフェやホテルのラウンジのような場所に呼び出されます。

・すごい人がいるから話だけでも聞いてほしい!
勧誘してくる人にとってすごいのでしょう。

話す機会がほとんどないとあたかも貴重な機会かのように誘ってきます。

何を話すのか具体的に教えない
どんなことを話したいのか全く教えません。
要は気を引かせるという勧誘方法で誘ってきます。

実際に会って話すとなっても、2人で会うこともあれば、別のマルチ会員を呼んで3人で話すことがほとんどです。

 

この時点ですぐに距離をおいた方がいいでしょう。曖昧な返事だとしつこく勧誘してきます

私は、初めはよくわからなかったので話を流していましたが、何度も電話で誘われました。

②直接会って話してくる

実際に会って話すのは、勧誘してきた人ではなく、その上司的なマルチ会員が話します。

では、どのような話をするのでしょうか?

・将来の夢や現状の満足度について

将来の夢や目標、現状に満足しているかを聞いてきます。
勧誘しているほとんどの人が最終的に「夢や目標を達成するにはいくらかかるの?」とお金の話をしてきます。

経済的に余裕になろう!人として成長できるよ!

このような、甘い言葉で誘ってくるのです。

ほとんどの人が現状に満足している人なんてそういないです。
また、会ってすぐの人に自分の夢や現状の満足度を話さないといけないのでしょうか。

・人生で変われるチャンス!

「自分も昔は〜だった。でも○○さんと出会って変わった」
「○○さんって〜な考えで凄いよ!会わせてあげる!」

勧誘してくる人には必ず“アップ”と呼ばれるコミュニティの上に位置する人を尊敬しています。
“アップ”に会わせて同じようなことを話されコミュニティの中に入れていくというように勧誘してきます。

怪しさ満載ですが、色んな人に繋げて話すことでコミュニティに誘い込み、自分も特別なビジネスの一員であると錯覚させ、マルチの輪を広げていくのです。

・先見の明を持て
先見の明とは「事が起こる前にそれを見抜く感覚」ということです。
つまり、早く契約に合意して共に行動しようと言ってくるのです。
相手に考えさせる前に決断させてしまえばいいのです。

「先見の明」の例えで、所ジョージや叶姉妹がドコモの電波塔に先行投資したので多額の利益を得た話はマルチ会員の中でよく話されているようです。

・ネットの記事は参考にするな!
話の最後にネットワークビジネスの印象を下げないためにネットの記事は参考にするなと伝えてきます。
ネットワークビジネスについて書かれた記事が他のモノに誘導している記事であるため、信憑性がないと強く主張されますがそんなことはないです。

ネットワークビジネスで被害を受けた方が情報を発信していたり実際にやっている人の情報を自分で見たうえで判断し、ネットワークビジネスに参入するか決めてください。

・セミナーに参加する
一通り話すとセミナーに一緒に参加するように行ってきます。
最近では、Zoomでもセミナーを行っているようです。

セミナーは毎月全国各地で行われているようです。
ネットワークビジネスをやっている人はどこでセミナーが開催されようと行かせようとしてきます。

しかし、交通費もセミナー代も支払ってくれない。さらには、無駄な時間や労力を使ってしまいます。

勧誘手口の特徴まとめ

・初めからネットワークビジネスとは言わず相手に気を惹かせるような話し方をします

・実際にやっている人達に会わせてネットワークビジネスのコミュニティに入れてきます

・「考えるよりも先に行動しよう」とネットワークビジネスを知らない情報弱者相手に難しいことを考えさせずに勧誘してくる

・全ての人を勧誘するのではなく勧誘しやすい、推しに弱い人を狙って勧誘しているそうです。

・「みんなやっている」のような自分の年に近しい人と会わせて集団心理を使って勧誘する場合もあります。

・マルチ商法の勧誘方法は基本似ています。なぜなら、勧誘方法を教えている人がいるからです。
勧誘方法のセミナーがあり、どのような勧誘をすれば契約を取ることができるのかを定期的に指導されているようです。

まとめ

ネットワークビジネスは違法ではありまんが、日本で流行しないことには理由があります。

もし、現在勧誘されて困っている人はマルチ会員ではなく他の人に尋ねてみましょう。

また、ネットワークビジネスは時代の変化と伴に、勧誘する手口を変えて健全なビジネスかのように見せます。

マルチ商法でおいしい思いをしているのはごく僅かな人間だけであり、ほとんどの人が損をして後悔しています
ネットワークビジネスを始めるということはかなりのリスクがありますし、あなたが思うような綺麗な世界ではありません。
決して甘い言葉に惑わされず、冷静になって考えた上で判断しましょう

他にも、大学生の身の回りに起こる危険なことについてもまとめています。

知らないと怖い!身近に忍び寄る大学生にとって危険やトラブルにつながること5選!必ず危険を回避しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました