知らずに巻き込まれている大学生の日常を壊す危険なトラブルとは。

暮らし
スポンサーリンク

大学生になると親元を離れて、自由な時間や行動の範囲が広がるでしょう。
しかし、社会に出ることで危険やトラブルが身の回りで起こるようになるのです。
危険やトラブルに巻き込まれないためにも、どのようなトラブルがあるか予め知っておくことが重要です。

金銭感覚の狂い

大学生になると自由な時間が増えて、バイトを始める人も多いでしょう。
自由に使えるお金を使うことができるようになるため制限なく使い続けると浪費癖がつき社会に出た時に大変なことになります。

大学生になるとお金を使う機会が多いです。

では、どのように浪費癖がつくきっかけがあるか見ていきましょう。

ブランド品に興味を持ち始める

周囲の子が持ち始めたり、SNSがきっかけで購入したりします。
高額な商品を買い続けることが浪費癖のきっかけにもなります。

・遊ぶ機会や飲み会などお金を使う機会が増える

大学に入学すると多くの人と出会い遊ぶ機会も増えます。
サークルのイベントや飲み会に参加することは決して安いとは言えません。
また、頻繁に飲み会に参加していると1回3000円程度が積み重なり金欠に陥ります。

・パチンコや競艇などギャンブ・パチンルをにハマる

暇な時間があるとパチンコに足を運ぶ習慣がついてしまいます。
先輩や友達とノリで行き始めて気づけば1人で行くようになる人もいるようです。

・バイトで大金を稼いでしまう

ホストやキャバ嬢、ボーイのような夜職は月30万円〜50万円を稼ぐことが可能であるため金銭感覚がおかしくなる人が多いです。

生活リズムもおかしくなり、人と違う生活習慣になると友人も減ります

学生の本業は学業ですので、夜職ばして生活リズムを壊すのは止めましょう。
また、社会人になった際、夜職の方が給料が良ければ会社の給料に満足できずに辞めてしまうケースもあります。

・お金を借りてしまう

浪費癖がついてしまっているひとは生活を制限することが難しく、お金が無くなると誰かにお金を借りてしまいます。
友達関係でお金のお貸し借りはトラブルに繋がりやすいのでやめましょう。

浪費癖にならないためには

・家計簿をつける

実際に自分が使っている金額を把握することで使いすぎを防止することができます。
毎月、何にお金を使っているか見直すことで余計な出費を減らすことができます。
面倒であるため継続することが大変ですが、アプリを利用することで簡単につけれるようになっています。

・貯蓄分を先に差し引いておく

給料が入ったときに、貯金にまわしておくことでひと月に使える分をあらかじめ決めることができます。

・考えて購入する
購入する際に本当に必要であるか考えましょう。

その場のノリや衝動で買ってしまうこともあると思いますが、後で考えればいらなかったと後悔しないように購入する際は一度、本当に欲しい物なのか考えてみましょう。

モバイルプランナー
・モバイルプランナーとは?

主に携帯の機種変更のような相談を仲介する職業です。
大学生の間でInstagramなどで携帯を安く乗り換えたい人は話を聞いてみてくださいというようなストーリーをよく見かけるのではないでしょうか。

現在では、学生がやっているケースをよく目にします。

正直、乗り換え料金は代理店舗に行くのとあまり変わらないです。
携帯カバーやフィルムなどの特典がついてくる場合もあります。

多くの人は怪しいというイメージを持っていますが何故でしょうか

・イメージが悪い理由

モバイルプランナーは携帯乗り換えの相談に乗るだけであってモバイルプランナーになることを薦めているわけではないのでマルチ商法とは違います

しかし、友人関係の間でビジネスをしてくるため印象が悪いです。

さらに、自分の友達を紹介するように言われたり、ストーリーにあげるよう言われたりするため面倒くさいです。

・デメリットな点

インターンシップと称して学生の成長意欲に付け込んでいます。

しかし、完全歩合制といった所が多く、契約が取れるまで完全ただ働きのようなケースもあります。
飲食店の時給よりも低く、労働と給料が見合っていないといえるでしょう。

モバイルプランナーは99%が代理店が雇っているため直営のソフトバンクやドコモのインターンではあることは限りなく低いです。

モバイルプランナーを勤めている友人であれば話が聞きやすいという人もいれば、逆に専門性に欠けているのではないかと思うこともあります。

スポンサーリンク
マルチ商法

カフェやホテルのエントランスで商談のような怪しい話をしている所を見たことがある人は多いでしょう。

大学生の間に限らず社会人になっても危険なビジネスモデルと言えます。
マルチ商法のビジネスモデルを利用している会社はありますが、一般的に印象が良いとは聞きません。
有名どころで化粧品を販売しているアムウェイやニュースキンなどがあります。

・何が悪質か?

大学生の大きな夢や何かを始めたいと考えている成長意欲に付け込んできます。

また、マルチの何が危険であるか情報を知らない学生がほとんどであるため、危険だと知っていても始めてしまう人が多く、始めてしまってから後悔してしまっています。

最も悪質なマルチ商法は投資を謳った商品を取り扱っている会社です。
99.9%が会社の所在がよく分からず、販売している物も証券登録されていないため支払った金額はほとんど返ってこないです。

大学生は大きな利益を得たいと考える人や成長意欲を持っている人が多いためマルチ商法を始めてしまい多額の借金を抱え込んでしまう人も多いようです。

友人関係から始まり、周囲の人間を巻き込んでいくため多くの人から人間関係を切られます

・借金を背負うことも

マルチ商法は紹介すれば自分に売上の一部を報酬としてもらえる仕組みになっています。
そのため、平気で借金させて勧誘するような悪質な人もいます。
将来的に取り返せる先行投資というように良いように言ってきますが、ほとんどの場合は損しかしません。

そのような人は、今すぐ縁を切る方がいいでしょう

・やめることは難しい

信頼していた友人から勧誘されたら心配になりますが、一度そのような世界にハマってしまうと洗脳状態に陥ったようになり抜け出すのはかなり難しいです。

大変残念なことですが、自分で気づくまで洗脳状態を抜け出すことは難しいので友人であっても見守るか縁を切るしか助ける方法はないでしょう。

マルチ商法の手口については下の記事でまとめています。

情報商材系のビジネス

情報商材とは、「稼げる副業」や「物販を始めたい人」のような宣伝をセミナーやInstagramで行って集客し、稼げる変わらないツールと言われるような商材を販売してきます。

・甘い言葉で誘導し、高額な商品を売った後は連絡が取れなくなるケースも見受けられます。

・物販やFXの自動売買ツールを売り込んでくることが多い

・情報商材を売り込んでいる人の収入はほとんどが商材を売って稼いでいるため売り込んでいる商材で稼げることはほとんどない。

クラウドソーシング

クラウドワークスやランサーズのような大手のクラウドソーシングサイトは便利かつ安全であるためバイトと並行して掛け持つことをお勧めします。

始めてみたい方はどのようなサイトがあるか調べてみてください。

危険な点は?

・クラウドソーシングはメールやChatWorkでやりとりをすることが多く、直接クライアントと会わないため相手がどんな人かわからない

・わからない案件を受注したときにトラブルに遭うことがある

→クラウドソーシングをする際は契約を理解した上で安全であるか確認する必要がある
個人でやりとりするため責任が生じる

FX

意外と身の回りででFXをしている人や実際にやったことがあるといった人は多いと思います。
しかし、トレードを読めたりある程度独学しただけの知識で稼ぐことはできません。

・競争相手は?

機関投資家ヘッジファンドなどを相手にしなくてはならないため初心者が勝つのは非常に困難だと言われています。

・FXはゼロサムゲーム
FXの世界は誰かが儲けを出せば、誰かが損してしまうというような構造になっています。

欲を出して大きく稼ごうとして大金投げ入れ、参入する人もいますが、ほとんどが損するでしょう。

・最近では…
Instagramや毎月ホテルの会議室などでセミナーを行い“稼ぎ方を教えます”といった宣伝をし、セミナー受講料やツールと称した高額商材をを請求してくるだけなので引っかからないようにしましょう。

まとめ

世の中には甘い言葉を使って学生をターゲットにして騙してくる大人もいます。
また、学生は社会に出てもいない立場であるため無知な人が多く、様々なトラブルに巻き込まれることがあります。
トラブルになった際は、隠さないで両親や周囲の人間に助けを求めましょう
真摯に対応してくれる人もいるので1人で抱え込まずに、すぐに打ち明けましょう

購入したことでトラブルが起きた場合、すぐに消費者センターに行きましょう。

 

コメント

  1. […] 知らないと怖い!身近に忍び寄る大学生にとって危険やトラブルにつながること5選!必ず危険を回避しよう […]

タイトルとURLをコピーしました