春から一人暮らしを始める大学生は必見!後悔しない部屋を選ぶべきポイント〇〇をみろ!

学習・資格
スポンサーリンク

こんにちは。

現役大学生ライターの中の人です。

4月から大学に進学が決まると、一人暮らしをするために部屋探しを始めます。

初めて居住先を決めないといけないので、どの辺りがいいのか、何を基準に決めればいいいのかわかりません。

大学生活の大半をそこで暮らすことになるので、なんとなくで選んだり、親に任せきりで決めると後々、後悔してしまいます。

実際に、私もよくわからずに部屋を決めてしまい、住んでみて困ったことがたくさんありました。

そこで、私のように後悔しないように一人暮らしの部屋探しで失敗しないポイントを紹介します!

 

なんとなく部屋を決めてしまうと…

部屋を決めて生活するのは自分自身なので、自分が納得できる部屋を探さなければ後悔することになります。

実際に、私も部屋探しが初めてだったのでなんとなくで決めてしまい、後々、後悔してしまいました。

理想の一人暮らしを描いていても、その通りの生活を送れるかは、大学に入ってからでしかわからないので、住むうえで不便だと感じない物件を選ぶことがポイントです。

結局、私は自分の生活に合わなかったので、引っ越すことにしましたが、引っ越しは簡単にはできません。

1.部屋探し
引っ越す前に新しく住む部屋を探さなければなりません。
いつでも部屋が空いているわけではありません。
8月前や12月頃から空き始めるように時期によって引っ越しやすいときがあるのです。

また、契約期間がいつまでなのかや家具の整理など引っ越す前にもやることがたくさんあります。

引っ越した後も、住民票の変更や郵便物の変更、ガス・電気の契約しなおしたりと、かなり忙しかったです。

2.引っ越しにかかる額が大きい
2つ目は、引っ越し費用は高額な金額がかかるということです。

新しく部屋を見つけても、初期費用や不動産仲介料、引っ越し業者委託料など、高い金額を支払うことになります。

家具や引っ越す距離などによって、引っ越し費用は変わってきますが、最低でも数十万円はかかるので、学生が簡単に出せる金額ではありません。

そのため、始めから引っ越しをしなくてもいいような部屋を決めることが大事なのです。

部屋選びのポイント

部屋を選ぶ際に、気をつけるべきポイントは以下の3つです!

①部屋の広さより立地を重視

生活するうえで周辺環境がかなり重要です。

具体的に言えば、駅近であることが最も重要になってきます。

大学生に入って、たくさん友達を呼びたいから広い部屋に魅力を感じてしまいますが、学校に通いながらアルバイトをしたり、サークルに入ったりと、家に人を呼ぶ機会は思っているよりも少ないです。

また、大学生の交通手段は、自転車や原付を使う人も多いですが、車を持たない大学生は電車を利用する人が多いです。

また、居酒屋など飲食店は駅周辺に多く、アルバイトできる店も多いです。

飲食店に限らず、コンビニや塾などたくさんのお店があるので通いやすいという特養があります。

アルバイトして帰ってくるのは夜中になることが多いので駅近やバイト先から近い場所の方がいいです。

②バス利用を中心とした生活はおすすめできない

交通手段としてバスを利用する人もいますが、私はおすすめしません。

当時、バスを主に利用して通学やアルバイトに行っていましたが、かなり不便を感じいていました。

バスは交通状況に左右されやすく、時間通りに来ないことや、乗客が多いと乗ることができないということが頻繁にあります。

最大のデメリットは、時間通りに動けないということです。

テストやアルバイトなど絶対に遅れてはいけない日のような時に時間通りに来ないなどハプニングが起きると余計な心配をしなければなりません。

また、授業開始に合わせて乗ろうとしても、学生でいっぱいになっており、乗れない場合がよくありました。

さらに、通学するために定期券を買う際に、区間によって金額の違いはありますがバスよりも電車の方が圧倒的に安いです。

③24時間営業のコンビニが近くにある

最近では、24時間営業しないコンビニが増えてきています。

大学生にとってコンビニは必要不可欠と言っていいほど利用します。

大学の授業で資料を印刷しなければならないときや風邪をひいたときなど緊急で必要になる物が揃っています。

私の家の近くのコンビニは夜中に閉まっていたので次の日の朝にならないと利用できないという点で緊急時に利用できないことが大変でした。

夜中にお腹が空いたときに夜食を食べたくても周りに空いているお店やコンビニが無かったのも辛かったです。

まとめ

私の実体験から後悔しない部屋選びのポイントを紹介してきました。

コロナによりオンラインになっていましたが、徐々に学校に通えるようになってきます。

コロナ前のキャンパスライフを経験しているので、紹介しているポイントであれば、授業に通いながら、アルバイトの両立がしやすいです。

住んでしまうと部屋の中は、工夫すれば趣味のものを置いたりと、アレンジすることができますが、生活環境に関しては、引っ越す以外にどうすることもできないので、初めから納得のいく所を探す必要があるのです。

春から大学生になる人やこれから一人暮らしを始めようとする人は、何となく選ぶのではなく、周辺環境など自分が生活するうえで不便がない暮らしができるか考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました